Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸生活で賃上げ要求をされることがある

賃貸生活でめったにないことでしょうが、場合によっては大家や管理会社などから賃料値上げの要求がされることがIRます。ですがそう驚くことはなく、もしもそうした場面に遭遇しても冷静に対処してください。そしてたとえばその賃上げの要求額が飲んでもいい額ならば素直に要求に応じて見るのもいいでしょう。以前から相場より安い賃料と思っていたなら賃上げ要求を飲んでもいいです。そうすれば大家や管理会社からいい客とみられ印象がよくなります。ですが賃料値上げに断固として拒否したいこともあるでしょう。その時はまず大家や管理会社に相談をしましょう。お互いが納得できるまで話し合ってみます。

ですが、もしもそれで納得できない時は次の手を使いますが、ここで注意事項として交渉決裂といっても家賃を滞納するのはいけません。家賃を滞納してしまうと最終的に大家側に有利になり、ここは自分が妥当お思う金額の家賃を払ってください。そしてもしも大家側がその金額を受け取れば、大家はその金額で納得したとみなされ今後もその金額で支払いを続けます。ですが、大家がその金額に納得しないで返金してきたら、今度は最終手段で、供託といった方法があり、自分が妥当と思う金額を、毎月公的機関の法務局に預けて家賃を払い続けていることを証明するものです。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.