Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸物件は大家が借金をしてマンションを建てることがある

賃貸物件でよく大家が借金をしてマンションやアパートを建てることが多く、支払いにローンを組むことが少なくないです。そしてローンを組んでいるのは法人ではなく一個人だからで大家によっては将来の見通しが立たず破綻してしまったことだってあり得ます。そこで最も困ってしまうのがそこに住んでいる住人でもしもすんでいるマンションやアパートの持ち主である大家が倒産し、差し押さえとなればすんでいる住人達はどうなるのでしょう。ここで問題になるのがお部屋を借りた時期で、大家が借金をし、マンションの抵当権を設定する前にお部屋を借りた時は借主側がお部屋を得る日取りがないですが、もしも大家が借金をした後にお部屋を借りたという場合は違います。

このときは、借主側はお部屋を出ないければなりません。つまり借りた時期により借主側の対応が異なっている点、注意しましょう。ですが、借りる側にはいつ大家が借金をしたかわからず、それを知るには通常契約時などに事前に借主側に説明がされることになっており、借りるマンションが借金をして建てたもので、マンションが抵当に入っているときなど契約時に知られることになります。どうしても心配なら契約前に聞いてみることもいいでしょうが、そうそう大家が破たんするようなことはなく、そこまでチェックするのはまれでしょう。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.