Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸契約で大家から借主へ不利な条件が

賃貸契約で大家から借主へ不利な条件をいくつか提示されることがあります。そしてたとえばよくあることが契約時の特約で退出時に敷金1か月分償却することや鍵の交換費用は借主負担であるとか、退出時のクリーニング料金は全額借主負担とするなどいずれも借主側が不利になってしまうことばかりです。ですが契約をする物件が人気物件であればこちらからの条件修正はしにくく、その物件に住みたいときは大家側の条件を飲むしかないでしょう。そして、最近敷金返還についての問題がメディアで取り上げられることも多くなって、大家の中には、借主側ともめてしまうことを恐れて最初から特約として敷金一か月分の償却を契約に盛り込むことがあります。

ソシテ、敷金1か月分償却といった特約の裏に、借主側ともめずに敷金をかならず取れるという大家側の狙いが見え、一般的にめったなことがなければ敷金1か月分も渡していく必要はないです。そして仲介する不動産屋にとっては敷金1か月の償却が将来の敷金返還問題を解決するというさも借主側に便利な特約であるようなことを言う不動産屋もいますが、決してそうしたことはないです。本来適切な利用をしていると、敷金は一切支払っていく必要がないです。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.