Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸マンションの歴史がわかる

建物の中で人が住む家のことを住宅と言い、一戸建ての住宅は見てわかりやすいですが、大きい建物を見て、あれがマンションなのかアパートなのかお洒落なホテルか見分けていくことは難しいです。そして実際に町中を歩きウインドーショッピングをしている建物を見上げて見ると、うえのほうはホテルやマンションになっている複合建築物が増えています。そしてもともと日本は土地が狭く、人口の多い国で、その中でも近年都市部に人口が集中してきました。そして、地方の過疎化も深刻な問題で、都市部の過密化なども問題があります。

人口の集中は、地価の高騰につながり、賃貸マンションはバブル期に特に都心での土地高騰の影響で爆発的に増えてきました。ですが、バブル崩壊後地価は徐々に下がってきて、今度は再開発ラッシュが起きています。そして、大規模な工場跡地などが売却され、全国的に大都市でのマンション建設が続いています。そしてマンションの中身は、超豪華なものと安価なものと二極化して、この傾向は今後もしばらくは続くでしょう。そして、新築マンションは新しくマンションを建てること、またはその建てられたマンションのことを言い、一日でも人が入居するとそこから中古マンションになります。
Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.