Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸住宅の仲介手数料無料について

仲介手数料の仕組みとはどうなっているのでしょうか。最近では仲介手数料を無料にしている不動産会社も多くなってきました。しかし不動産会社の主たる収入源は、その仲介手数料です。それでは仲介手数料を無料にして、不動産会社はどのように利益を上げているのでしょうか。

中には、独自に物件を保有している不動産会社もいます。つまり自社物件です。この場合の賃貸取引については仲介業務ではありませんので、仲介手数料は発生しません。しかし賃貸で自社物件を扱っている不動産会社はほとんどありません。では、一般の不動産会社の場合は、どのようにして利益をくみ上げているのでしょうか。

仲介手数料は何も借主だけから請求するわけではありません。貸主にも仲介手数料の支払い義務があるのです。これまではほとんど借主が全額負担してきました。双方の合意があればどちらかに全額負担をさせてもよいという規定があるので、契約書に借主の全額負担についての記載をする貸主が今まではほとんどでした。しかし入居者がなかなか見つかりにくい昨今では、新しい入居者を獲得するために、貸主が仲介手数料を全額負担して、とにかく入居者を集めようとする貸主が増えてきました。建物の家主は、空室を一番嫌うのです。安定した家賃収入を得るためには、とりあえず入居者を探して、部屋を埋めるのがいちばんなのです。ですから、仲介手数料を貸主が全額負担するというケースが増えているのです。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.