Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸住宅の初期費用ゼロ物件について

賃貸住宅の初期費用は、基本的にはどういう物件を借りる時にもかかってくるものです。しかし最近、この初期費用を受け取らないという業者も増えてきています。借主にとっては、初期費用がないに越したことはありませんが、まったくかからないとなると、ちょっと不安を覚えるかもしれません。初期費用ゼロという物件の仕組みはどうのようになっているのでしょうか。

初期費用とは、敷金や礼金や仲介手数料など、一般的には家賃六か月分かかると言われています。これを無料にしているのだから、何か部屋の質が下がったり、物件の状態が悪かったりするのか、と思う人もいるかもしれません。しかし決してそんなことはないのです。こうした初期費用ゼロ物件というのは、いわば貸主の企業努力の賜物といっても過言ではありません。一昔前と違って、今は不動産物件というもの自体が、売買にしても賃貸にしても供給過多になってしまっているのです。昔は何もしなくても入居者が決まったものですが、今は何かをしないと部屋は空室のままなのです。初期費用がかからないというのは、広告効果としては絶大なものがあります。特に経済状態のよくない状況においては、その宣伝文句はかなり効き目があると言えるのです。
Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.