Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸の室内環境を調べる

賃貸で外観にひびがあるときは耐震性や水漏れなどのリスクがあり、さらに共用部の清掃が行き届いてなかったり駐輪場があれていたりすれば、同じ建物に住む住民のマナーや管理会社の運用が悪い可能性があります。そしてゴミ捨て場がどこにあるかも重要で、異様に多かったり、逆に敷地内にあっても掃除が行き届いてなければ夏場は虫が発生したり、異臭がするような危険があります。そして防犯の観点で、非常口が開けっ放しになっていないか、外からベランダや窓が丸見えになるような位置に内科、入り口が奥まった場所にないかを確認しておきます。

そして大きなマンションでも住人がとても少ないときなどは不動産屋さんに理由を聞いてみることが大事です。そして最寄りの駅までの環境を調べていくため特に気に入った物件ほど駅までの道を歩きましょう。そして買い物ができるお店はもちろん特に女性は夜道の明るさや人通りなども確認しましょう。そして、室内で見るべき注意点で、まず窓がしっかり複数あるか、その位置関係を見ましょう。特にキッチン付近に小窓がなければ換気扇があってもにおいがこもりやすく、油汚れが発生してしまうことがあります。そして、さらに同じ方角ばかりに窓があっても部屋の空気の流れ道ができなくて、換気がほとんどできません。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.