Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸探しで自分の好みを伝える

問い合わせを送る物件はちょっと気になっている物件で希望を具現化するチャンスで、問い合わせた物件のここが気に入ったといったポイントも伝えておきます。憧れの出窓がある、洗濯機の置場が広いなど、すると不動産屋はだんだんあなた好みの求めているお部屋の姿を理解しています。そしてこのお客さんは家賃が少し高くてもきれいな部屋がいいのかなどや、防音にこだわっていないが、外から見える部屋は嫌なBのかなど、不動産屋に自分を知ってもらうことで、いい賃貸の部屋の提示をしてもらいやすくなります。

そして不動産屋から提案された物件が気に入らないときは嫌だなと思ったところの理由もしっかり伝えます。そして家賃や立地は問題ないが、どうしても室外洗濯機はだめなどです。自分一人の探す力には限界があり、不動産屋はプロで、あなたのNGの理由もしっかり加味して、さらにいい物件を探してくれるでしょう。そして今しかない採光の物件といわれても結局住んでこんなはずではないと思うのはあなた自身です。嫌な部分はしかり自己主張しましょう。そして、お部屋探しの下見はカメラを持っていくと便利です。複数の部屋を下見するうち、最初に見た部屋の間取りを忘れることがあります。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.