Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸保証会社のトラブルには

最近とてもみみにする保証人不要物件ですが、実は保証が全く必要ないというのではなく、保証会社と契約をすることになる物件で、賃貸契約における保証会社の役目は賃貸人の連帯保証人の代行となることで、もしも家賃が滞納されて、さらに賃貸人に支払い能力がないときは、大家さんや物件管理会社は保証会社に連絡をして保証会社に家賃を建て替え請求することが可能です。そして当然賃貸人は後日この保証会社に立て替えてもらった家賃を支払っていく流れになります。そして景気の影響や高齢者の単身住まいなどで補償しきれないような家賃滞納のケースが増加している中で、確実に家賃を納めてもらうために保証会社をつけることを契約条件にしている不動産会社の最近増えています。

そして、賃貸保証会社のトラブルとして多く報告されているのが、過剰とも言える取り立て行為で、分刻みで取り立ての電話がかかってきたり、玄関に催促の張り紙を張られたり、深夜に取り立てが来るなど、まるで闇金のような方法に悩まされたケースもあります。そして消費者金融業者などには、悪質な取り立てについて、それらを規制する法律がありますが、賃貸保証会社の取り立てに対して規制法がなく、多くの消費者から保証会社の行き過ぎた取立てに対し相談の声が寄せられています。
Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.