Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

田舎の一軒家の賃貸物件

空家が増えているという問題が最近よくニュースに取り上げられています。都会でも空家は増えていますが、特に地方などでは顕著で子供世帯が後を継がないで他に新居を構えてしまうことが過疎化にもつながっていると言えます。しかし、最近田舎暮らしをしたいという人や実際に田舎暮らしを始める人が増加しているとも言います。都会で便利な生活をするのもいいですが、空気のきれいな緑の多い田舎でお金をかけずに暮らすというのも憧れるものがあります。

田舎の一軒家はたいていがとても広く、お庭もあり畑などを作れるようになっているところが多いようです。最近自治体などを中心にそのような場所にある一軒家を格安で貸し出し過疎化に対応していこうという動きが盛んだそうです。家は住んでいないと痛みが早いと言われていますし、所有しているだけでも固定資産税などの税金や庭木の手入れ代などもかかります。屋根などが老朽化していれば落下しないように修繕していかなければならないという問題もあります。そこで1万円程度の格安の家賃でも家を賃貸したいという所有者が増えているのです。

町や村に新しい人が入っていくのは不安も伴いますが、受け入れてもらえればまわりの人は協力的で温かいものです。核家族が多い都会よりお年寄りなどと触れ合える田舎は子供の情操教育にも良いかもしれません。住居は広くて家賃も安い、空気のきれいな田舎暮らしを検討してみてもよいのではないでしょうか。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.