Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸経営の方法サブリースのメリットとデメリット

サブリースは、不動産会社がオーナーの不動産を一括で借り上げ、入居者の募集から、賃料収集、入居者とのやり取りと言った経営部分を担ってくれるという賃貸経営方法のひとつです。サブリースのメリットとしては、空き室の心配や、家賃の滞納などについての心配から解放されます。また入居者との様々なやり取り、特にクレームやトラブルに関する対応を行う必要がなくなります。また建物の維持やメンテナンスについては、サブリース会社が配慮してくれることの他、確定申告において、各入居者の氏名や賃料を記載する手間がなくなるということもあります。

もちろんデメリットもありますので、そのことを十分知った上で、リスクを回避する必要があることにも注意を払う必要があります。リスクとしては、家賃減額についての請求がある場合があるということです。契約では賃料は設定しているものの、中々入居者が集まらない場合や、経済状況の変化等の様々な要因によって、賃料が相場から大きく外れてくるような場合に、そのような交渉が発生する可能性があります。賃料については変更しないとの旨の契約をしていても、民法上の法律効果で、サブリース会社は家賃の減額請求を行うことができますので、ご注意ください。

また、サブリース契約自体を途中契約されてしまうことがありますので、そのようなリスクを避けるために契約の中に、中途契約が出来ない旨の文言を入れるなどする必要があります。
Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.