Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

不動産の賃貸で副収入を得るサラリーマン大家

第二次安倍政権による景気浮揚政策として、アベノミクスが打ち出されるなか、大企業においては、一部ベースアップを図られることはあったようですが、中小企業においては、まだまだ不景気である状況は変わらず苦しい中でやりくりしている状況が続いています。また4月の消費税によって、企業だけではなく個人の家計に対しても大きな打撃をもたらす結果としなってしまいました。

サラリーマンの中には、副収入を求めて様々な模索を行っている方が多く出始めていますが、その中の一つが不動産投資です。具体的にはワンルームマンションを買って、それを賃貸に出して、賃料収入を得るという方法です。実際にどの程度の収入になるのか、そのひとつの目安として、家賃収入(年間)を物件価格で割った表面利回りが参考になると言われています。そこから、税金や管理費また修繕費や保険といった諸費用を差し引いた額が実際の収入になります。大体、賃料の2割くらいが諸経費として掛かると言われています。

サラリーマンとして勤めながら、投資のための不動産購入を行うとなると、その殆どがローンをある程度組むことになると思いますので、実際に投資に踏み切る際には、利回りの状況等も含め、綿密に計画を立てた上で十分な検討を行う必要が出てきます。

Recommend

Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.