Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

自宅兼仕事場の賃貸物件を探す場合には

会社員で会社に出勤して働く、自営業で自宅で商売している、フリーランスで契約をしている、在宅で仕事をしているなど、起業して働いている人、働く方法は様々ですが、自分の住んでいる賃貸物件を仕事場を兼ねて利用する事は賃貸契約上、可能な場合と不可能な場合、両方あるそうです。やっている仕事の内容にもよるそうなのですが、賃貸物件を会社の事務所として自分だけでなく社員も雇い出社させたいという場合には、物件を探している段階で不動産会社に利用目的を告げる事が必要になるそうです。物件によっては事務所として利用する事はダメという場合や事務所として利用する場合には、契約内容が異なってくる場合があるからだそうです。最近流行っている、自宅をサロンにした教室やエステサロンなどでも賃貸物件の場合には、同様になるそうです。

会社や教室、エステサロンにした場合には、貸主が了解をしても、他の住人からクレームがきてしまうなどの問題が出てしまう場合なども発生してしまうかもしれないそうです。もし入居ができた場合には、隣近所の入居者への挨拶回りは重要です。個人事業として行う場合には、特別な登記などの必要がないので許可を得る事は必要ではないのですが、法人として登記が必要になる場合には、登記が必要になり住所の記載も必要になります。住んでいる賃貸物件を使う場合には、不動産会社などへの相談が必要になります。賃貸物件を住むだけでなく仕事場として使いたい場合には、不動産会社にはその事を伝えて物件捜しをしていた方が後々安心です。
Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.