Hot Ranking
賃貸のデメリットをメリットに変える

賃貸物件で更新は家賃値下げのチャンス

賃貸物件で更新時期が近くなれば通常更新は契約が満了する一か月前に大家や管理会社から契約更新についてのおたずねがあるはずです。そして一般的な更新は2年に1階されて、大家や管理会社、不動産屋に更新料、更新手数料といったものを払わなくてはなりません。そして入居者にとってはわけのわからない更新料といった費用を取られ、突然の出費が重なる時期でもありますが、実は更新時には賃料を下げるチャンスでもあります。更新をするときには同時に賃料の値下げ交渉をしてみましょう。そして契約更新は当たらしく賃貸契約を交わしていくことであり、更新が決まれば新たに契約をすることになります。

そして新しく書類作成で手間が増えることとして更新料を払うわけです。確かにたかが書類作成で家賃の1か月分は間違っていると思うのも無理はないことで、本来この契約更新にかかわる実務と実費負担の費用は大家などが負担をするもので、借主が負担するものではないはずです。そしてさらに更新時には場合によっては連帯保証人お審査が再度されることがありますから、注意しましょう。そして、そもそも更新料は時代遅れな考え方とは言え、大家の大事な収入源となり、その賃貸物件を借りている以上納得できないとはいえ払わざる得ないです。
Copyright (C)2017賃貸のデメリットをメリットに変える.All rights reserved.